HOME > フィアスホームの家づくり > 室内環境について

フィアスホームの家づくり

室内環境について

クリーンな室内環境で始まる、心地よい暮らし。

健康配慮

  1. 健康に配慮した低ホルムアルデヒド仕様の建材を使用

    一般的なホルムアルデヒド対策としては、「ホルムアルデヒドの放散量を減らす」「効率よく室内を換気する」という2点が重要なポイントとなります。フィアスホームでは壁紙などの仕上材や接着剤・床材をはじめ、規制の対象とはなっていない柱・梁・幅木等についても全て、最もホルムアルデヒドの発散量が少ないとされるF☆☆☆☆(エフフォースター)の建材を使用。業界トップレベルの「シックハウス対策」を目指し積極的に取り組み、住宅内の空気環境や住む人の健康に配慮しています。

    イメージ

     
  2. 24時間計画換気システムでクリーンな室内環境を実現。

    湿気・ホコリ・臭気などを含む汚れた空気を室外に排出し、新鮮な外気を取り入れることが換気の目的です。
    計画換気は機械によって汚れた空気を排出、新鮮な空気を必要なだけ計画的に取り入れる仕組みで、空気の動きの経路・方向・早さ・量をコントロールして、家中の空気を常に清浄に保ちます。また、カビやダニの発生を押さえ、結露の原因となる湿気や建材・家具から発生するホルムアルデヒドなどの化学物質を排出し清潔で快適な居住空間を保ちます。

    イメージ

     

遮音性能

外からの騒音を軽減し、室内の音漏れを抑える。

サッシには複層ガラス(ペアガラス)を標準採用し、サッシ周りには隙間が生じないようコーキングまたは発泡ポリウレタンを充填。開口部が持つ高い遮音性は、屋外からの騒音はもちろん、ピアンの音や生活音など室内から外への音漏れも低減します。

身のまわりの音、どのぐらいかご存知ですか?

イメージ

呼吸の音からジェットエンジンの音まで音の大きさはさまざまですが、身のまわりの音をレベル表示[単位:dB(デシベル)]すると上の図表のようになります。

フィアスホームの使用するサッシなら70デシベルの騒音を45デシベル程度まで抑えることができます。※

イメージ

外の車の音など、睡眠や大切な勉強の妨げとなる外部騒音を抑え快適な室内を実現します。また、ピアノの音や生活音など室内から外への音漏れを低減します。

※周波数500HZの場合

イメージ

 

このページのトップへ