SSI ファイルの処理中にエラーが発生しました
HOME > フィアスホームの家づくり > 断熱気密性について

フィアスホームの家づくり

断熱気密性について

部屋ごとの温度差・天井付近と足元の温度差が小さく、一年中快適に過ごせるような住宅をつくるためには、建物の気密性と断熱性を高める必要があります。

快適な住宅

冬暖かく夏涼しい、一年を通して快適に暮らせる住宅とは

従来の日本の住宅は「暖房している部屋は暖かくても、廊下に出ると寒い」「窓の近くに行くとぞくっとする」「洗面所が寒くて毎日の洗濯が億劫」など、生活のなかで゛我慢゛を強いられる家ではなかったでしょうか?
温度差に対してストレスを感じたり、身体的な負担がかかるようでは、健康で快適な暮らしをしているとは言えません。
「冬暖かく、夏涼しい住宅」とは、エアコンなど冷暖房機の効きが良く、温度差によるヒートショック※の懸念が少ないのが特長です。
また、室内を快適な温度環境にするために、まるで魔法瓶のように逃げない空間に冷暖房する必要があります。
その「冬暖かく夏涼しい住宅」の条件を整理すると次の3つがあげられます。

イメージ

 
  1. 高い断熱性能
  2. 高い気密性能
  3. 適切な冷暖房

この3つの条件いずれかが欠けても「冬暖かく夏涼しい住宅」にはなりません。また、気密・断熱ともに高性能でなければ、暖かく快適な住宅にはなりません。フィアスホームでは健康で快適な住まいを実現するために、断熱性能・気密性能にこだわった高気密高断熱住宅を提供しています。

※ヒートショックとは…急激な温度変化が身体に及ぼす影響のこと。特に高齢者の方には注意が必要です。

 

気密断熱性能

  1. 部屋間の温度差が少なくが快適なフィアスホームの住宅

    住宅の気密断熱性は、快適性・省エネ性・耐久性・空気環境など、住まいのさまざまな性能に関係する重要な性能のひとつです。気密断熱性に優れたフィアスホーム住宅は、外気の影響を受けにくく、一日中快適な温度をキープ。フィアスホーム住宅における部屋間の温度差は一般工法住宅の約1/2、部屋の上下間の温度差も少ないので、急激な温度変化によるヒートショックをやわらげ一年中快適に過ごせます。

    部屋間温度差の比較イメージ

    部屋間温度差の比較イメージ

    断熱材の熱伝導率の比較 W/(mk)

    樹脂系断熱材とグラスウールの断熱材の熱伝導率の比較

    「熱伝導率」とは熱の伝わりやすさを表すもので、数値が小さいほど断熱性に優れていることを示します。

    断熱材の断熱性の比較

    断熱材の断熱性の比較。樹脂系断熱材とグラスウール

    樹脂系断熱材65mmと同等の断熱性能をグラスウール(16K)で得るためには104mmの厚さが必要となります。

    フィアスホームで使用している樹脂系断熱材は、一般的なグラスウールの約2倍の断熱性能を持っています。また、水分を含みにくいので、壁内結露を起こしにくい壁構造を作ります。
     
  2. 住宅を気密化する理由とは?

    表面結露・壁体内結露の防止

    【表面結露とは】
    部屋の暖かく湿った空気が急激に冷やされることによって窓ガラスや押入れの中の壁などに水蒸気が付着して発生する結露の事。
    【壁体内結露とは】
    室内側の石膏ボードや断熱材を通過した水蒸気が外壁の壁の中で冷えて生じる結露する事。

    イメージ

     
     

    表面結露は目に見えるので比較的容易に気付きやすいものですが、放っておくとカビの発生など不快な環境を作り出す原因となります。一方、壁体内結露は直接目にみえないため気付きにくいもので、建物の基本性能を損なう恐れがある大変問題のある結露です。たとえば、水を吸ったグラスウールなどの断熱材は、断熱性能が著しく低下してしまいます。また、木材が水を含むと構造材を腐らせるなど、建物の耐久性を大きく損なう恐れもあります。
    壁体内結露を防止するためには、「住宅の気密性能を高める」「断熱材は水を含みにくい断熱材を採用する」「室内側には防湿のための措置を施す」「家全体を効率的に換気する」といった対策が一般的です。

  3. 熱損失の防止

    従来の一般的な住宅は断熱性が低い上に隙間が多いためリビングと洗面所、リビングとトイレなど部屋間や室内の上下の温度差が大きくなり、冷暖房には絶えず多くのエネルギーを注ぎ続けなければなりませんでした。
    このような気密性能が低い住宅(隙間が多い住宅)では、いくら壁や天井を断熱しても隙間から冷気(暖気)が入って冷えて(暖かくなって)しまいます。そのため、必要以上のレベルでエアコンの運転をしなければならなくなり、部屋間・上下間の不快な温度差はさらに広がってしまいます。
    これらの問題を解決するためには、住宅の断熱性能だけではなく気密性能も同時に高めることが必要です。
    そうすることで、熱や空気の出入りが必要最小限に抑えられ、わずかなエネルギーで家中の温度差が少ない快適な環境を保つことが可能になります。家中の温度差が少なくなれば、結露の発生も少なくなり、家自体の寿命も大きく延びます。そして何よりも、住む人に優しい健康的な住宅が実現できるのです。

    イメージ

  4. 適切な計画換気のために

    隙間が多い住宅では、計画的な換気はできません。計画換気は適量の新鮮な外気を室内に取り入れ、室内の空気の流れをコントロールして屋外に排出するものです。隙間が多い住宅では、隙間から必要でない空気の出入りがあるため空気の流れのコントロールが難しくなります。コップの飲み物をストローで飲む時、穴のあいたストローでは上手に飲めないことと似ています。

    隙間からの空気の出入りによって効率的な喚起ができず部分的によどみが発生します。

    計画的に空気を取り入れて排出することができ換気効率が高まります。

     
     
  5. 気密性能の物差し:C値

    気密性能の物差しとしては「C値(相当隙間面積)」と呼ばれる気密測定の実測結果の数値を用いるのが一般的です。 C値とは壁・屋根などの隙間の面積(cu)を床面積(u)で割った数値で床面積・1uあたりにどの程度の隙間があるかを表したものです。数値が小さいほど隙間が小さく、気密性に優れています。

    延べ床面積40坪(132.23u)の住宅での隙間面積のイメージ

    次世代省エネ基準
    フィアスホームの住宅
     
    • ※1 次世代省エネルギー基準 V,W,X地域における基準値。
    • ※2 社内目標値です。実際の建物の性能を保証するものではありません。
      実際の性能は、間取り等により異なる場合がございます。
    住宅性能報告書
     

    建物の気密性能を確認するための気密測定を全棟で実施し、性能報告書でお客様にお知らせいたします。

    住宅性能報告書で性能をご報告

    温度差によるヒートショックが死亡率を上げている

このページのトップへ