商品紹介(アリエッタ プレミアム)

プレミアムな環境性能 閉じる、開ける、遮る、エコと快適性を両立させる

ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリックにおいて、2009年に大賞、2010年に優秀賞を受賞したフィアスホーム。その受賞につながった技術が、アリエッタ プレミアムのすみずみにまで注がれています。

アリエッタプレミアムの3つの技術

1、閉じる技術 〜高気密・高断熱〜

高性能断熱パネル epanel

フィアスホームオリジナルの高性能断熱パネル「eパネル」。樹脂系の断熱材と構造用パネルを一体化させた「eパネル」で建物を包み込むように囲うことで、耐震性・断熱性・気密性・耐久性等の『住まいの基本性能』を大きく高めます。

 
eパネルの納まりを上から見た図
 
断熱材の断熱性の比較・気密性を高めて熱損失を防止
 
全邸気密測定を実施

2、開ける技術 〜風邪と光のデザイン〜

庭の植栽近くに設えられた地窓は地表の涼しい空気を呼び込みます。その風は室内の吹き抜けを通じて2階へ。通風量は同じでも、窓に高低差があれば室内全体に風が流れ、より心地よさを感じやすくなります。また建物正面の風だけでなく、外壁に沿って流れる建物脇の風も効率よく取り込む「フル3Dウィンドウ」。必要以上に空調機器に頼らず、少エネやCO2削減に貢献する、環境にも人にも優しい住まいです。

 
フル3Dウィンドウ
 

フル3Dウィンドウで効果的に風を取り込む

「縦すべり出し窓」と「横すべり出し窓」など複数の窓を組み合わせた「フル3Dウィンドウ」によって、建物正面の風や建物の脇を流れる風を取り込み、少エネ効果を高めます。

 
たっぷりと風が通る住まいを実現

上げ下げ窓に比べて12.7倍もの通風効果が得られます。

 

 

 

「地窓効果」で、風が室内全体を通り抜けます。

「地窓」と「高窓」を組み合わせました。通風量は同じでも窓の高低差があると居住地域を風が流れ、快適さを感じる「地窓効果」を活用。部屋全体を風が通り抜けるようにしています。

 
通風シミュレーション・日射シミュレーションを無料で実施しています。ご依頼は、お近くのフィアスホームへ
eレポート 冷暖房費・CO2削減量シミュレート

3、遮る技術 〜日射遮蔽対策〜

『深い軒の出』と『バルコニー』

古来、日本人は季節に応じて、風や太陽光を巧みに取り入れて、気候や風土に合った『自然を活かしたエコロジーな住まい』を創り上げてきました。 アリエッタ プレミアムでは、そのような日本家屋の伝統技術である『深い軒の出』、南面の『バルコニー』等、自然を上手に活用する技術を採用しています。

「夏の日差しを遮る設計」と「冬の日差しを取り込む設計」の図

資料請求

近くの展示場を探す