HOME > 商品紹介 > ルーチェ

商品紹介(ルーチェ)

閉じる技術と開ける技術

閉じる技術

四季を通じて体に優しい快適な少エネ、高気密・高断熱住宅

快適さは目に見えない技術ですが、フィアスホームはずっと、快適さにこだわった家づくりをご提案しています。たとえば、暖房や冷房が効きにくい日本の住宅の問題を解決するために、フィアスホームは独自に開発した「eパネル」で家全体をつつみこみ、冬の冷気や夏の熱気の浸入を抑えるなど一年を通して快適な温熱環境を叶えています。この高気密・高断熱の“ 閉じる技術”が、暮らしで使う電気やエネルギーを少なくするために必要な技術であるとフィアスホームは考えています。

冬暖かく夏涼しい一年を通して快適に暮らせる高気密・高断熱

冬暖かく夏涼しい一年を通して快適に暮らせる高気密・高断熱

夏は蒸し暑い熱気が室内に浸入するのを抑え、冬はあたためた室内の空気が外に逃げない、高気密・高断熱のテクノロジーで快適な居住性をつくり、その技術に、風と光を上手に使う設計を組み合わせて、さらに快適な居住品質を目指しました。四季のある日本の家の快適性は、また一歩前進しました。

  • 気密
  • 断熱
  • 換気
 
気密・断熱・換気、この3つの性能を三位一体にすることで高気密・高断熱性を最大限に発揮します。
 

LIXIL住宅研究所のグループ力を活かして新開発された断熱パネル「eパネル」は、次世代省エネルギー基準をクリアーする性能。冷暖房効率が良く、光熱費を抑えることができます。

オリジナル断熱パネル epanel

樹脂系断熱材 eパネル(小屋用)

 

eパネル(壁用)

「eパネル」は断熱材と構造用パネルが一体化したフィアスホームオリジナル断熱パネルです。「eパネル」の特長は建物の耐震性を高めると同時に断熱材でも建物全体を覆うため、断熱性の高い建物となります。 高断熱性能を十分に発揮させるには気密性の高さを確保することが必要です。 「eパネル」は柱や梁と集成材と構造用パネルの隙間を少なくする為、「気密パッキン」を使い高い気密性を確保します。

eパネルの納まりを上から見た図

 

断熱材の比較

断熱材の比較

断熱材の断熱性の比較

 

性能をさらに高める開口部への配慮

家全体の40%以上の熱が逃げていく開口部は、断熱性能上の弱点になりやすい部位。フィアスホームでは、窓や玄関などの開口部にも気密・断熱性に優れた部材を使用し、住居内からの熱の逃げを最小限に抑えます。サッシには、アルミサッシに比べ断熱性能の高い断熱サッシを標準採用し、地域ごとの省エネルギー基準に対応した仕様を設定しています。また、玄関ドアにおいても、断熱材を充填させた高性能ドアを標準採用しています。

住宅において熱の逃げる割合(冬季)

複層ガラス

 

※試算条件

閉じる技術「窓」

一般的なペアグラスに比べ、約1.5倍の断熱性能を持つ、エコガラス

エコガラス

閉じる技術「窓」

より快適な暮らしのための高い断熱性、遮熱性を実現するLow-Eのテクノロジー

電磁波の種類

 

住宅知識

次世代省エネルギー基準とは
住まいの気密・断熱性に対して国が定めた最高レベルの断熱基準で、市町村単位で区分された地域ごとによってその基準値が異なります。フィアスホームの木造軸組み+パネル工法住宅は、国土交通省で定める住宅性能表示基準では最高レベルの等級4に該当します。
μ値(夏期日射取得係数)とは
断熱性能の高さを示す指標で、床面積1平方メートルあたりにおいて、窓・玄関・床・天井などの開口部や隙間から逃げていく熱の量を表した数値。この数値が小さいほど断熱性能に優れていることを表します。
Q値(熱損失係数)とは
遮熱性能の高さを示す指標で、建物が日射によって取得する熱量の割合のこと。この数値が小さいほど日射取得量が少ないことを表します。

気密性を高めて熱損失を防止

従来の一般的な住宅は断熱性が低い上に隙間が多いため、リビングと洗面所、リビングとトイレなど部屋間や室内の上下の温度差が大きくなり、冷暖房には絶えず多くのエネルギーを注ぎ続けなければなりませんでした。このような気密性能が低い住宅(隙間が多い住宅)では、いくら壁や天井を断熱しても隙間から冷気(暖気)が入って冷えて(暑くなって)しまいます。そのため、必要以上のレベルでエアコンの運転をしなければならなくなり、部屋間・室内上下間の不快な温度差はさらに広がってしまいます。これらの問題を解決するためには、住宅の断熱性能だけでなく、気密性能も同時に高めることが必要です。そうすることで、熱や空気の出入りが必要最小限に抑えられ、わずかなエネルギーで家中の温度差が少ない快適な環境を保つことが可能になります。家中の温度差が少なくなれば、結露の発生も少なくなり、家自体の寿命も大きく延びます。そして何よりも、住む人に優しい健康的な住宅が実現できるのです。

隙間が多い住宅隙間が少ない住宅隙間から進入する冷気

 

フィアスホームでは木造軸組み+パネル工法の次世代省エネルギー基準適合住宅において全棟で気密測定を実施

フィアスホームでは、木造軸組み+パネル工法の次世代省エネルギー基準適合住宅について、実際の建物の気密性能が理論上の性能を発揮できているかどうかを確認するために、全棟で気密測定を実施しています。

フィアスホームでは、木造軸組み+パネル工法の次世代省エネルギー基準適合住宅について、実際の建物の気密性能が理論上の性能を発揮できているかどうかを確認するために、全棟で気密測定を実施しています。

 
  • 熱や空気の出入りが少なく抑えられ、わずかなエネルギー消費で家中の温度差が少ない快適な環境が保てます。
  • 家中の温度差が少なくなれば、結露の発生も少なくなります。その結果、ぜんそくなどの健康被害の原因となるカビ・ダニの発生を抑えた住環境を実現します。
  • 部屋間の温度差が少ないので、ヒートショックなどの身体への負荷ストレスの少ない暮らしをおくることができます。
 

24時間計画換気システムで快適な室内環境を実現

フィアスホームでは建築基準法で設置が義務化される以前から24時間計画換気システムを標準化。

計画換気とは?
湿気・ホコリ・臭気などを含む汚れた空気を室外に排出し、新鮮な外気を取入れることが換気の目的です。計画換気は機械によって汚れた空気を排出、新鮮な外気を必要なだけ計画的に取り入れる仕組みで、空気の動きの経路・方向・速さ・量をコントロールして、家中の空気を常に清潔に保ちます。また、カビやダニの発生を押さえ、結露の原因となる湿気や建材・家具から発生するホルムアルデヒドなどの化学物質を排出し清潔で快適な居住空間を保ちます。

第一種計画換気システムイメージ

浮遊粉塵の濃度経時変化

浮遊粉塵の濃度経時変化

気密性の良い住宅で計画換気を行なうことで部屋内の空気がきれいになることがわかります。

 
  • ※このデータは測定の一例であり、住宅の仕様、生活のスタイル、測定条件によっては異なった値となる場合があります。
  • ※浮遊粉塵(粉塵:0.1〜0.5μm以内)を使用した実験値
  • 参考
    1〜100μm:泥、石炭塵
    5〜100μm:カビ、胞子、セメント
    10〜100μm:花粉
 

開ける技術

自然の力で上手にECOライフをかなえる少エネ、風と光のデザイン

四季を通して快適でエコな暮らしをつくりたい。冬と夏は、高気密・高断熱の閉じる技術で快適さを、春や秋は、開ける技術で自然の風や光を思いのままに楽しむ暮らし“風と光のデザイン”で、冷暖房への過剰な依存、無駄な人工照明を抑え、暮らしの中で使う電気やエネルギーを少なくする暮らしをフィアスホームはご提案します。

南面の落葉樹が光をコントロールする少エネ提案
庭に木を植えることで夏の日差しを葉の茂った広葉樹がさえぎり、冬の陽射しは葉が落ちた広葉樹の枝の間を通って室内に差し込んできます。LUCE(ルーチェ)の自然を活用した省(少)エネルギー提案です。
風と温度を調整するハイサイドライトサッシ
屋根に設けた「ハイサイドライトサッシ」は、自然換気に加え、吹き抜け空間等を利用した温度差換気を促すため、室内にこもる熱を外に排出し、省エネ効果を高めています。
風の流れをつくる吹き抜け
家の中心に吹き抜けを設けることで、家の中の風の流れと採光の効率を高めています。
風が通り抜けていく空間
風が気持ちよくながれる家は、明るさと開放感があふれる家です。風は、リビングを通って、吹き抜け、二階へ。風と上手につきあえる家は、四季を通して快適な家になります。
光と風を採りこむ東面の開口部
東面に大きな開口部を設けることで、朝陽など光や風が十分家の中に取り込めるようにしました。また居室のドアには欄間付のドアを採用し、プライバシーを守りながら心地よい風を通します。

※1階LDKオープンキッチンベーシックタイプの場合の説明

冬をより快適にする陽射しの入る設計

陽射しの設計(冬)

  1. 冬は太陽が低いので、部屋の奥まで日差しが射しこみます。
  2. 南側の庭には落葉樹を。冬になると葉を落してあたたかい陽光を家の中にたっぷりととりいれることができます。
  3. 北側の庭には常緑樹を。生い茂った葉で寒い北風をブロックします。
  4. 断熱性の高いサッシであたたかい部屋の熱を逃がしにくくします。
  5. 気密・断熱性の高いパネルで家を囲み、熱が逃げるのを抑えます。

夏の快適な居住性をつくる陽射しをさえぎる設計

陽射しの設計(夏)

  1. 軒の深さを利用して陽射しの浸入を抑えます。
  2. 夏はいちばん暑い正午前後に太陽の位置が高くなっていきます。
  3. 夏は落葉樹の葉が生い茂り陽射しをさえぎります。
  4. 家の中を風が抜けやすくしておくことで室内に熱気がこもりにくくします。
  5. 気密・断熱性の高いパネルで家を囲み、熱せられた外気の影響を受けにくくします。