HOME > 商品紹介 > sui-vi【粋美】 > 粋な世界 > 色の世界〜四十八茶百鼠〜

商品紹介(sui-vi【粋美】)

sui-vi *
*
sui-vi【粋美】トップページ粋な世界粋な世界ムービー再生
*
粋な世界-iki world- 第一話 色の世界〜四十八茶百鼠〜
茶色や鼠色は、江戸時代後期に、
歌舞伎役者の衣裳の影響によって
流行色になったと言われています。
そして茶色や鼠色はさまざま違った色調ができ、
俗に「四十八茶百鼠」という言葉が生まれました。
茶色には、四十八種類の色があり、
鼠色には百種類の色があるという意味です。
古くより日本では高貴な色として、紫色が尊ばれています。
しかしながら町衆から流行した茶色、鼠色といった
新しい色調の美が、「粋」という言葉で語り継がれ
現在に至っています。
派手でなく、落ち着いた色調のしっとりとしたもので、
繊細な色彩です。
現代日本人の色彩感覚は、世の中の落ち着きとともに、
「四十八茶百鼠」の色を好み、
繊細な色彩の「味わい」といったようなものが
重んじられて来ているようです。
《一言》
四十八茶百鼠…「しじゅうはっちゃひゃくねずみ」又は「しじゅうはっちゃひゃくねず 」と読みます。
色の持つ力や好みの色で性格判断できたりと、色に関する出版物は多くありますので、興味のある方は、書店で探してみてください。